メンタルヘルスとナチュラルヒーリングの情報基地(神戸/三宮)。いま、ここにある自分を発見し受容しながら、変化や成長を目指せる、様々な方法をご紹介しています。

LOGO:VITA NATURAL THERAPY
Home | Contact | Access Map
Mental Health Phytotherapy Support Salon&Lesson Schedule Facebook Web Shop About Us

ページトップイメージ

話して見える チェックできる 自分らしさ これからのあり方

Contact Us! お電話でのご返答も行なっております。

タイトル「Phytotherapy」
アロマセラピー(芳香療法)フラワーレメディ(花の療法)その他植物療法植物療法コラムボランティア活動活動履歴
パッチフラワーレメディとは

フラワーレメディは、1930年代にイギリスの医師エドワード・バッチ博士によって開発された自然療法です。

レメディ完成されたレメディはシングル38種+レスキュー1種の、計39種あります。
それぞれが「感情」に対応しており、私たちを困らせる、あるいは支配する「感情」に対して相応するレメディを選び、必要量を飲むことで内面に調和がもたらされることが期待できます。


バッチ博士は医師としての経験の中で、ネガティブな思いや諦め、過剰な思い込みが、患者の治療に後ろ向きに影響を与えることを実感していました。この場合、主流医学にみられる対症療法だけではなく、もっと全体的なケアが必要なのです。

私たちには、思いもよらない出来事や避けられない状況が突然訪れることがあります。
そんなとき、どんな感情が表れるでしょうか。

大きな出来事がない平和な日常でも、自分自身に湧き起こる「感情」が、厄介なときはありませんか。
私という人格が引き起こすクセのような感情もあって、それが自分自身や対人関係に影響することもあるのです。

レメディフラワーレメディは、薬剤ではありません。
バッチ博士が発見した特定の植物を、水に浮かべ太陽に当てたり、煮沸したりして得た「水」だけを、ボトルに充填しています。従って、一定の成分を凝縮したような強いものではなく、目的と違った種類を誤って飲んでも、何ら問題はありません。穏やかな自然療法であるため、アプローチしたい感情が、レメディによって変化するかどうかは、個人差があります。
赤ちゃんからお年寄りまで使用することができ、動物、植物にも活用されている安心のレメディです。薬を飲んでいる人でも併用できます。医師や看護師など専門家をはじめ、一般家庭でも広く利用されている癒しのシステムを、ぜひお試しください。

レメディは、大手雑貨店や自然療法専門店で販売されており、個人で購入することができます。

こんなときにお役立てください
 *対人関係がうまくいかないとき
   → 家族間で、職場で、学校で、恋人との間で初対面のコミュニケーションで・・・
 *自分の中に特定の感情が表れるとき
   → メランコリー、劣等感、不安感、嫉妬心、怒り、現実逃避感・・・
 *感情によって行動が左右されるとき
   → 決められない、エネルギー消耗、落ち着かない、人を振り回してしまう、影響を受けやすい・・・
 *その他感情が起因する日常の不具合があるとき

VITA Natural Therapyでは、正しいレメディ選択のお手伝いをするためのセッションを行っています。
変化する感情や複雑な感情には、使用するレメディを変え細かく合わせることで対応しやすくなります。
必要なレメディを数種類ずつ、一定期間使用していただける量を提供するため、個人購入に比べて効率的です。
初心者の方には、セッションをお受けいただくことをお勧めいたします。

☆ご覧ください → 「Salon(サロン)

レフラワーレメディ体験会

☆体験会の日程はブログに掲載いたします → ブログ
☆出張も可能です。日程調整いたしますので、お問い合わせください → お問い合わせ

ページトップへ