メンタルヘルスとナチュラルヒーリングの情報基地(神戸/三宮)。いま、ここにある自分を発見し受容しながら、変化や成長を目指せる、様々な方法をご紹介しています。

LOGO:VITA NATURAL THERAPY
Home | Contact | Access Map
Mental Health Phytotherapy Support Salon&Lesson Schedule Facebook Web Shop About Us

ページトップイメージ

話して見える チェックできる 自分らしさ これからのあり方

Contact Us! お電話でのご返答も行なっております。

タイトル「タイトル「Mental Health」」
健康な人こそメンタルケアを!より良い自分へ成長するためのヒントは、精神面にあります
仕事でよくあること(やる気が出ない 作業が遅い 仲間と良い関係を築きたい 人と接するのが苦手 自信がない 失敗が多い 上司と衝突する 部下がついて来ない 成果が出せない もっと成長したい 自分に足りないものをみつけたい)、プライベートでよくあること(家族とよくケンカになる 強い人の言いなりになってしまう 苦手な人がいる イライラしやすい 何となく現状に不満 親しい人と良い関係を築きたい 自分に合った趣味を見つけたい 幸せへのヒントを得たい)
1950年代に活躍した著名な心理学者アブラハム・マズローは、衣食住や社会的立場など基本的な欲求が満たされると、人はより良い自分を目指す「自己実現の欲求」に目覚める、と解釈しています。たとえば職場や家庭で、安全に、不都合なく過ごせていたとしても、そこで「満足」に至る人は少なく、より価値ある自分を見出したい欲求に駆られます。築き上げてきた環境下での存在意義が確認された後、人は未来に向かっていきいきと過ごすことができるように、更なる高みを目指し、成長することを望みます。「自己実現」とは、自己を成長させより良いものに変容させること、なのです。人によっては「こうしたい」という能動的な感覚ではなく、「このままでいいのだろうか」という不安を感じている場合がありますが、これもやはり「より良い自分」を求めるがゆえの心境と言えるかもしれません。

メンタルヘルスへの取り組みは、自己実現を目指す多くの方に必要な要素と言えます。イメージとして精神症状に悩む人たちへの治療手法、と解釈されがちですが、それだけではありません。健康な人こそ、精神面の落とし穴に気づかず、知らず知らずのうちにストレスや不安を抱えていることがあり、その小さな積み重ねが、いきいきとした暮らしや安定した気分を阻害しているかもしれないのです。ストレスが原因で何となく体調不良、ということもあり得ます。大きな問題を抱えていない人であっても、物事への「向き合い方」ひとつを工夫することで、驚くほど活動効率や生産性が上がったり、対人関係が楽になったりすることがあります。そのような個人の良い傾向は周囲に伝わり、組織や家庭などのグループ全体に良い影響をもたらすことにつながるのです。

以下に解説する手法は、「自己を知る」という共通の目的があります。自己を知ることで、今後より成長していくためには何が必要か、ヒントを得ることができます。また、自分の性格傾向が思考や行動に影響をもたらしていることに気づき、今描いている目標の実現方法や、抱えている問題への向き合い方を見出すきっかけとなります。まずは解説に触れていただき、ご自身の必要に応じてセッションやワークショップをご利用いただければ幸いです。
エニアグラム
エニアグラムは自分や他者の在り方を深く理解する「こころの地図」キーワード
性格タイプ診断、人間学、心理学、宇宙哲学、自己啓発、コミュニケーション、組織力

活用分野
自己啓発プログラム、カウンセリング、対人援助職トレーニング、人材配置、コーチング、企業研修、など
● エニアグラムの成り立ち
エニアグラムは、ギリシャ語でエニア(9)+グラム(図形)を表す複合語です。
正三角形と変六角形から成る図形のルーツは古代に存在し、幾何学的・数学的意味を持つとされ、ここに「9つの性格タイプ」という心理学的・統計学的解釈が加えられたのは、4世紀頃と言われています。
19世紀に入り、ゲオルギー・イワノヴィッチ・グルジェフが宇宙哲学やスピリチュアリティの観点から意味づけを行い、20世紀にはイチャーソ・ナランホにより基礎研究がなされました。
現在は、ドン・リチャード・リソ、ラス・ハドソンらによって各タイプの心理学的研究とエニアグラムの実用化がなされ、全世界で活用されています。
<9つの性格タイプ>
※タイプごとの具体的概要については書籍・ワークショップ資料などをご参照ください
タイプ1 改革する人タイプ2 助ける人タイプ3 達成する人
タイプ4 個性的な人タイプ5 調べる人タイプ6 忠実な人
タイプ7 熱中する人タイプ8 挑戦する人タイプ9 平和をもたらす人
● エニアグラムに期待できること
性格タイプは9つに分かれており、タイプごとに、価値観、行動や判断の動機、印象など、タイプならではの特徴があります。設問に答えることで、自分がどのタイプに属するかが分かります。
自分のタイプを知ることで、生まれてから現在に至るまでに形成されてきた性格の「大まかな特徴」を知ることができます。また、不健全な状態、たとえばストレス時や、不運な出来事に直面したときなどに、自動的に陥り易い考え方や行動をとらえることができます。
このような「傾向」を知ることは、日常生活において自分自身を「生きづらく」させていることやその原因に気づかせ、より健全な状態へ導く助けとなります。また他のタイプを知り、多様な考え方や行動様式に出会うことによって、成長の可能性や選択肢を広げ、他者を受容できる前向きな姿勢に変化していけることでしょう。
われわれは、あるがままにものごとを見るのではない。
われわれがあるがままに、ものごとを見るのである。 ―タルムード
(「エニアグラム-あなたを知る9つのタイプ」ドン・リチャード・リソ&ラス・ハドソン著/<訳者まえがき>より抜粋)
● タイプの多様性
これは私個人の見解ですが、9つのタイプの存在は「目盛りの曖昧なものさし」のようなものです。
つまり、人を一定の枠に当てはめて決めつけるものではなく、大枠としてとらえるための「ものさし」なのです。同じタイプに属しているからと言って、その人たちには1人として同じ性格はなく、細かい部分で違いがあります。また、場合によっては隣のタイプに限りなく近い人もいます。例を挙げますと、ある人は人のために働く傾向のあるタイプ2に属していますが、同時に完璧主義傾向のタイプ1に近い存在でもあります。従ってこの人は、他人のために援助をしようと日々完璧な準備に力を注ぎ、行動を振り返っては反省と修正を繰り返します。やや粗い解釈ではありますが、この例に見られるように、細かい性格的特徴が複合的に絡み合って、初めてその人の全体像が見え、個性が生まれるのです。実際にはタイプの解釈は9つではなく、多様性があります。
● 私の中の「ものさし」を知る
一見不要のように見えるタイプ分類を9つ設けているのは、リソ&ハドソンの心理学的研究により、私たちの性格やそれに基づく思考・行動・感情の特徴的パターンが、大きく9つに分類できるからです。
生活環境で関わる人たちを想像したとき、もしこんなことが起こったらあの人はこういうことをしがち(言いがち)だな、という予想が的中することがよくあると思います。これは、日ごろ接していく中で積み重ねた情報をもとに、その人のパターンを推察することができていることの表れです。つまり性格には、大まかなところで部分的に共通する思考・行動・感情のパターンが存在しているのです。

自分の中の「ものさし」つまりパターンを意識することはとても大切です。自分のタイプの傾向を意識しながら生活の様々な場面に照らし合わせると、過去や現在において、なぜそのような結果になったのか、あるいはなぜそのように感じているのか、腑に落ちる場合があります。また、他のタイプの立場に立った接し方や言葉を選ぶことで、相手から理解を得られやすくなったり物事がスムーズに運んだりすることに気づきます。ある程度の大きさの「ものさし」があることで、把握しやすい事柄があるのです。

エニアグラムのワークショップは、ご説明したような新鮮な「発見」に驚き、学びながら、ウェルビーイングにつなげる場となっています。私自身がこれまで参加し感じたことは、自分の長所を見つけることができ、より自分に自信が持てるようになったこと、そして、なんとなくわかっているものの改善できていなかった自分のマイナス状態(エニアグラムでは「囚われた状態」と言いますが)を再認識することで、周囲との関係がうまく行き驚いたこと、などがあります。徐々にバランスが取れてくる自分自身を実感し、地に足の着いた感覚を得られたことは、私の場合とても幸せなことでした。これからもエニアグラムを続けることで更なる学びがあると期待しています。また、今後多くの方々とご一緒に、ワークショップで学びを共有できれば嬉しく思います。
私の中の「ものさし」を知る私の中の「ものさし」を知る

エニアグラムを学ぶ

1人でメンタルケアをご希望の方は → 「語ってみる」セッション をご利用ください。

企業研修やグループ研修など複数人数でのご利用は
  → エニアグラム体験会&ワークショップ をご利用ください。

日本エニアグラム学会認定ファシリテーターが担当する各講座を実施しています。
エニアグラム体験会
6時間(1日)
参加費:5,000~6,000円

エニアグラムとは何か、9つの性格タイプはどのような特徴か。ご自身のタイプチェックをはじめ、簡易ワークを通じてエニアグラムのエッセンスを知る体験会です。

担当:齋藤美由紀(日本エニアグラム学会認定ファシリテーター)
日本エニアグラム学会認定
プライマリーコース

18時間(全3日間)
参加費:35,000円
日本エニアグラム学会会員は30,000円
エニアグラムの知識を学ぶことはもちろん、日常にある身近な事柄をテーマにワークに取り組むことにより、実際に自分の心の内をのぞく体験をします。9つの性格タイプを知り、自己理解と他者理解を深める人間学であり、類型心理学です。
また人が持つ様々な感情や思考に触れることができ、自分以外のタイプの考え方を実際に聞くことは大変興味深く、接客接遇、各種支援業務など、職業領域での対人コミュニケーション力UPに役立つとともに、家庭領域における子育てや家族コミュニケーションのヒントが得られます。

【概要】3日完結コースです。

◆第1日目
1) 目標の確認と自己紹介
2) 理論と歴史
3) 性格の特徴と自分のタイプの確認
4) タイプの違いの確認

◆第2日目
1)自分の動機を知る
2)私の長所
3)OKと思える自分
4)自己価値

◆第3日目
1)人間関係と囚われ状態
2)根元的恐れ、根元的欲求
3)自己の中の3つのエネルギー
4)視聴覚(音楽や絵)からの探索

*当コースは、NPO法人日本エニアグラム学会の認定コースです。
 修了要件として、全3日間のご出席が必要となります。

*修了者には、
  • 日本エニアグラム学会より修了証を授与いたします。
  • 認定資格であるアドバイザー3級の受験資格が得られます。
    (アドバイザー3級試験の詳細については、エニアグラム学会関西事務局へお問合せください。)
  • 日本エニアグラム学会主催のセカンダリーコースを受講できます。
担当:齋藤美由紀(日本エニアグラム学会認定ファシリテーター)

VITA Natural Therapyは日本エニアグラム学会関西事務局としても活動しています。

心理学/心理療法セミナー

心理学/心理療法セミナー体は、毎日食事をし、活動し、休み、いらないものを排泄し、生活の中で意識を向けられています。
同じように心や精神にも、栄養を与え、活動させ、休ませ、整理することが必要なのです。
気軽に参加でき、日常に心理学や心理療法を活かすためのエッセンスが得られるセミナーを開催しています。
心理学は学問だけに留めるものではありません。社会生活や家庭生活に「活かす」ことで花開きます。
ご興味と機会が合いましたら、ぜひご参加ください。

開講セミナーを近日UP予定

ページトップへ